妊婦によく起こる症状|便秘解消法をこっそり伝授

メジャー

妊娠した時の便秘と解消法

お腹

妊娠すると便秘がちになる

妊娠するとそれを維持する目的でプロゲステロンと言うホルモンが分泌されますが、そのホルモン自体は妊娠を維持するだけでなく、胃腸の筋肉を緩める作用も有ります。この辺りの筋肉が緩まってしまうと消化器官の蠕動運動が低下してしまい、結果的に便を下に押し出しにくくなってしまいます。結果、弛緩性便秘となってしまい、なかなか便が排出し辛くなる事は決して珍しくありません。また妊婦になると好みの味も変化する場合や、食事量も変化するので、妊婦になるとどうしても便秘になりやすくなってしまいます。妊婦ではない場合は便秘薬を利用して便秘解消する事もできますが、妊娠中は出来るだけ薬を利用しない方が良いと言えます。特に腸の蠕動運動を促すタイプに関して言えば、お腹の張りに繋がる事も有るので安易に利用する事はあまり好ましいとは言えません。ただ、便は排出しなければならないので、食事制限や運動、マッサージなどでも便秘解消にならない場合は薬を利用して対処する事になります。産婦人科では酸化マグネシウムを処方される事も有りますが、病院によっては漢方薬が処方される場合も有ります。妊婦でも便秘解消として利用できる物として使われるのは潤腸湯や麻子仁丸などです。これらは便を排出させようと腸の蠕動運動を促すわけではなく、腸を潤す効果が期待出来るトウキやシャクヤクなどの生薬を利用しているもので、便を柔らかく保つようにして便秘を解消する物となっています。ただ漢方薬自体は西洋医学の薬に比べると効きがマイルドなイメージが有りますが実は殆ど同じ様に作用する為、妊娠初期は便秘解消目的で漢方薬を利用する事は避けます。

Copyright © 2017 妊婦によく起こる症状|便秘解消法をこっそり伝授 All Rights Reserved.