妊婦によく起こる症状|便秘解消法をこっそり伝授

メジャー

健康的な妊婦になるために

妊婦

妊婦に便秘は大敵

妊娠することで、大きくなるお腹に腸が圧迫されたり、ホルモンの影響で腸の動き(ぜんどう運動)が弱くなることから、しつこい便秘に悩まされる妊婦がたくさんいます。しかし、母体を健康に保つためにも、お腹の赤ちゃんに十分な栄養を届けるためにも便秘は大敵です。便秘解消のために、比較的、副作用等が少ないと言われる漢方を服用する場合でも、その時期には十分気を付けなければなりません。妊娠初期は脳や心臓など、赤ちゃんの大切な器官が作られる大事な時期と言え、また、初期の流産も起こりやすいと言えます。そのため、この時期に薬を服用することは、医師からの適切な指示がない限り避けるべきです。赤ちゃんの器官形成は、約12週で完了しますから、便秘解消のために漢方薬を使うときは、それ以降が好ましいと言えます。また、子宮を収縮させる効果があるとして、妊婦は避けた方がいい漢方もありますので、できるだけ医師に相談するのがよいと思われます。本来ならば、普段の食事から便秘解消となるような食物を摂ることが望ましいのですが、妊娠中はつわりで十分に食べれないときもあり、食事だけですべてを補うことは難しいと言えます。そのような時に役に立つのが、乳酸菌やオリゴ糖などが決められた量で配合された、妊婦でも飲める便秘解消サプリメントです。もちろん、乳酸菌をヨーグルトなどで摂取することもできますが、乳製品が嫌いな方や妊娠で味の好みが変わってしまった妊婦には、サプリメントで定期的に摂る方が確実と言えます。サプリメントを選ぶときは、無添加、防腐剤不使用などに注目し、なるべく妊婦用と称されたものを選ぶようにしてください。安心、安全なもので上手に便秘を解消して、健康かつ気分よくマタニティーライフを送りたいものです。

Copyright © 2017 妊婦によく起こる症状|便秘解消法をこっそり伝授 All Rights Reserved.